2009年02月17日

新しいミツワ石鹸が目指すこと

前回の記事はこちら
ミツワ石鹸OBの涙(2)

先ほどお話ししたように、
まず復刻版からスタートします。


お客さまにミツワ石鹸を
想い出していただくと同時に、
わたしたち自身が
ミツワ石鹸の原点を
確認することから始めたいのです。


そして、やはり「香りのミツワ」の
伝統を復活させたいですね。


昔の石鹸職人は
石けんをこんな風に
擬人化して表現しました。


――生地は肉体、包装は衣服、香りは精神。


この喩えは、
石けんという商品の本質を
つくづくよく表現しています。


三つのうちひとつでも欠ければ
バランスのよい石鹸にはなりません。

逆にいえば、
よい石けんとは
その三つが芸術的なバランスで
ひとつに調和した姿といえるでしょう。

ミツワ石鹸は
かつてバランスのよさで評価され、
とくに香りの豊かさで高い評価を得た高級石鹸でした。



さらに
「イエスタディ」「トゥディ」「トモロゥ」
という商品テーマを設定して、
順次ものづくりを進めていく予定です。



かつてのミツワ石鹸のように、
進取の気性に富んだ
創造性豊かな商品を
お客さまにご提供していきたいと
夢をふくらませております。


----------------------------------------------------
ミツワ石鹸株式会社はコチラ
----------------------------------------------------
posted by ミツワ at 16:45| 三輪家の洗練とミツワ石鹸 | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

いまも耳に残るCMソング

前回の記事はこちら
三輪家の洗練が生んだ石鹸の気品



一方でミツワ石鹸は、
テレビ番組の提供やCMなどで
大衆文化にも貢献しました。


いまでも名番組と語り継がれる
「名犬ラッシー」の提供、


♪ワ、ワ、ワ〜、輪がみっつ♪


というコマーシャルの放映ですね。


三十数年経っても、
あのメロディを聴くと
一緒に口ずさむことができます。



いまはありがたいことに
当時のCMソングが
CDになって発売されているので、
いつも通勤の車のなかで聴いています(笑)。




そういった大衆文化でも、
石けん自体でも、
ミツワ石鹸は昭和という時代のエッセンスの
ひとつだったのかもしれません。



----------------------------------------------------
ミツワ石鹸株式会社はコチラ
----------------------------------------------------
posted by ミツワ at 15:11| 三輪家の洗練とミツワ石鹸 | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

三輪家の洗練が生んだ石鹸の気品

前回の記事はこちら
三輪家と三木家の関係



ミツワ石鹸は
何とも言えず品のいい石けんでしたね、
とおっしゃる方がいまでもいらっしゃいます。



そのような感想をお聞きするたびに、
我が意を得たりとひそかに膝を打っております。



わたしもモノをつくる人間ですから、
それがどれほどむずかしいことかよくわかります。



商品の気品など、一朝一夕に生まれるものではありません。



よきものをつくろうという強い志がまずあり、
長い時間をかけて技術が受け継がれ、
品質が磨かれます。



大切なことは、
そのものづくりの豊かな環境を途切れることなく
経営者がしっかり用意することです。




三輪家が約一世紀かけて磨いた
自らの洗練や文化的な成熟が、
あの石けんの気品と無縁であるはずがありません。



それは、メディチ家やハプスブルグ家の
豊かさがすぐれた芸術を生みだした構図と似ています。



喩えは大仰かもしれませんが、
三輪家は石けんの世界でそのことを実践したのだと思います。



----------------------------------------------------
ミツワ石鹸株式会社はコチラ
----------------------------------------------------
posted by ミツワ at 13:46| 三輪家の洗練とミツワ石鹸 | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

三輪家と三木家の関係

前回の記事はこちら
創業は万延元年


わたしは
玉の肌石鹸を引き継いだ
三木家の人間ですが、
先ほどお話ししたように
ミツワ石鹸と玉の肌石鹸は
古くから一心同体の関係にありました。



そんな事情から
わたしの長姉が三輪一族に嫁ぐなどして、
ミツワ石鹸の三輪家とは、
公私ともに非常に深い縁がございました。



ですから今回の再創業は、
他人のブランドを単に
再建するということではなく、
わたくしどもの一族で
石鹸事業を唯一続けてきた自分が、
ミツワ石鹸のトーチを
再び受け継ぐという意識が強くあります。


----------------------------------------------------
ミツワ石鹸株式会社はコチラ
----------------------------------------------------
posted by ミツワ at 12:44| 三輪家の洗練とミツワ石鹸 | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

創業は万延元年

本年もよろしくお願いします。

前回の記事はこちら
省資源の時代に



ミツワ石鹸の創業は万延元年
発祥は江戸の日本橋です。



創業者は三輪善兵衞。



経営者は代々善兵衞という名を世襲し、
石鹸事業を始めたのは二代目善兵衞さんの時代です。



その方がたいへんな事業家で
国産随一の石けんをつくりあげるかたわら、
東洋で初めて「ミツワ石鹸研究所」「ミツワ化学研究所」
といった香料研究の拠点をつくり、
<香りのミツワ>の評価を確立しました。



ミツワ石鹸の真の立役者です。



旧家ですから閨閥も華麗で、
住友本家と婚姻関係があったりして
格式が高かったですね。


決して華美ではありませんが
社交界でも重きをなしていて、
戦前はもとより戦後になっても、
広壮な目白の自邸に各国の大使夫妻を
お招きして晩餐会を開いたり、
賓客を招いて園遊会を催すなどしておりました。



----------------------------------------------------
ミツワ石鹸株式会社はコチラ
----------------------------------------------------
posted by ミツワ at 10:09| 三輪家の洗練とミツワ石鹸 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。