2008年12月02日

復活への歯車が動き出した

前回の記事はこちら
初恋の石けんへの想い



わたしが出会った人は、
ミツワ石鹸の商標を
引き継いで保有されていた
会社の幹部の方でした。



同業ですから話も合い、
何度か会合などでお会いするうち
さらに親しく打ち解けて、
わたしのミツワ石鹸に対する想いも
お話しするようになりました。



ある時、その方が


「三木さん、そこまで強い想いをお持ちなら、
ブランドの譲渡に関して一度会社で諮ってみますよ」

とおっしゃってくださったのです。



三十数年止まっていた歯車が動き始めた瞬間でした。



その後、権利関係の調整など
いくつかの関門はありましたが、
ビジネス的な契約は前に進めることができました。



肝心のものづくりに関しては、
玉の肌石鹸に残っていた
当時の資料やレシピを参考にし、


さらにミツワ石鹸のOBにお話しを伺うなどして、
あの格調高い石けんを
もう一度再現してみようという作業からはじめました。



----------------------------------------------------
ミツワ石鹸株式会社はコチラ
----------------------------------------------------
posted by ミツワ at 12:58| 石けんに宿る日本のこころ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。