2008年11月27日

初恋の石けんへの想い

前回の記事はこちら
ミツワ石鹸誕生の地で再び(2)



とにもかくにも、
わたしにとってミツワ石鹸は
初恋だったのかもしれません(笑)。


なにしろ、
貴婦人のようにエレガントで
品のいい石けんでした。



昭和五十年に
ミツワ石鹸は百十五年の
輝かしい歴史をいったん閉じますが、
わたしの憧れにも似た熱い想いは
その後三十数年にわたり
基底音のようにこころを流れつづけました。




そして、いつかミツワ石鹸を
自分の手で復活したいと
ひそかに願っておりました。




その想いが一昨年、
ある人と出会うことで
にわかに現実味を帯びはじめたのです。



----------------------------------------------------
ミツワ石鹸株式会社はコチラ
----------------------------------------------------
ラベル:石けん
posted by ミツワ at 11:50| 石けんに宿る日本のこころ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。