2008年10月24日

ミツワ石鹸との出会い(1)

この度のミツワ石鹸復活には、
わたしの個人的な想いが強く働いています。


わたしが父の経営する
玉の肌石鹸に入社したのは半世紀近くも前になりますが、
その時すでにミツワ石鹸は全盛で、
国民的ブランドとして多くの人に親しまれておりました。


味の素やキッコーマンと同じような
日本を代表するブランドだったわけです。


そして実は当時、
ミツワ石鹸の販売数量の三分の一が
わが玉の肌石鹸の工場でつくられていて、
幸運にもわたしは日本一品質がよいと
評判だったその石けんの担当者として
製造工程をいちばん近いところで
体験することができたのです。

----------------------------------------------------
ミツワ石鹸株式会社はコチラ
----------------------------------------------------
posted by ミツワ at 11:40| Comment(1) | 石けんに宿る日本のこころ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、ミツワ石鹸を検索してこちらに参りました。
私、ただいま千代田区の四番町町会で地元の歴史を記録する作業をしております。
そのなかで町内にミツワ石鹸の三輪善兵衞さんがお住まいだったという場所があり、三輪さんについて調べているのですが、この三輪善兵衞さんは何代目にあたるのか、ご存知ではありませんか?
このブログでは「目白の自邸」とありましたが、四番町はオフィスだったのでしょうか?
このあたりのこと、ご存知でいらしたらぜひご教示いただきたいのです。
宜しくお願いいたします。

Posted by M.kemmisaki at 2010年11月18日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。